高 齢 者 講 習

高齢者の交通事故を防止するため、70歳以上の高齢者は免許更新時に、高齢者講習を受講することが義務付けられました。講習内容は、更新時の年齢によって内容が異なります。誕生日を迎える前までに高齢者講習の受講を推奨しております。

70歳から74歳までの方へのお知らせハガキ

75歳以上の方へのお知らせハガキ(認知機能検査)

75歳以上の方へのお知らせハガキ(認知機能検査後の講習案内)

受講期間

【免許更新手続きを行う方】
免許の有効期間が満了する日の6か月前から有効期間が満了する日までに受講してください。

【更新の特例手続きをされる方】
更新日の6か月前から受講期間となります。

【失効後の再取得手続きをされる方】
高齢者講習終了証明書が必要となりますので、手続き前に受講してください。

なお、高齢者講習終了証明書は、免許申請書を提出した日の前1年以内に受けたものでなければなりません。失効後の再取得手続きをされる方はご注意ください。

講習場所

「高齢者講習のお知らせ」ハガキに指定されている講習(短期講習または長期講習)の予約を指定自動車教習所等 (指定された講習場所を希望しない方や予約が取れないときなどは、同一都道府県で他の指定自動車教習所等を選択することもできます。)でお取りください。

必要書類等

高齢者講習のお知らせ(はがき)(免許証を失効させた方は、はがきは必要ありません。)
運転免許証(免許証を失効させた方は、失効させた免許証をお持ちください。)
筆記用具
眼鏡、補聴器等をご使用の方は、適性検査がありますので必ずお持ちください。

認知機能検査(75歳以上)

認知機能検査:運転免許証の更新期間が満了する日における年齢が75歳以上になる方、又は運転免許証を失効させ、再び免許を取得する際に75歳以上になる方が受検対象になります。

検査のの区的:高齢者講習を受講するにあたり、講習予備検査(認知機能検査)を受検していただき、その検査結果に応じて、一人ひとりに適した高齢者講習を行い、今後も安全運転を継続していただくための検査です。

講習予備検査の実施方法については、PDF形式でダウンロードできます。
講習予備検査進行要領(23KB)
採点基準(35KB)
検査用紙(20KB)
イラスト(701KB)

インターネット予約

●全国に先駆け、神奈川県では個人情報を使用しないインターネット予約を2017年4月1日よりスタートします。
●更新案内ハガキに記載されている【ID・パスワード】を入力する事で、県内自動車教習所の高齢者講習の予約が簡単に取得できます。

高齢者講習実施校

●高齢者講習は事前の予約が必要です。期限が切迫していても予約がないと受講が出来ない場合がございます。
●自動車教習所により講習の日程が異なりますので、御ハガキが届きましたらご予約をお願いします。